新しく家を建てたりリノベーション工事の際にカーテンをいつ選ぶのがいいと思いますか?

・完成してから寸法測ってお店にいきますよ。

・できたところ見ないとイメージできないから最後に行きます。

・カーテン?吊るだけでしょ。引っ越し前に買いに行きますよ。

こんな言葉が聞こえてきそうです。完成後に選ぼうとされる方が多いですが、実は設計段階でカーテン選びを始める方があなたの満足度はグッとあがります。

その理由がわかるカーテンの選ぶ前に知っておきたいことを3つお伝えしようと思います。

1.カーテンの種類(スタイル)を知る

遮光や遮音を目的として、窓の前に吊り下げる布を総称してカーテンと言われます。一言でカーテンと言っても種類は様々です。

まずは種類を知って、カーテンと考えるインテリアの世界を広げていきましょう~

 ドレープ

カーテン=ドレープで表現されることが多いかもしれません。テキスタイルからできているカーテンのことです。

テキスタイルとは、織物・布地のことです。保温性やプライベート保護を目的に作られていて、それぞれの目的によって布地の種類やヒダの取り方など選択していきます。

一般的にカーテンレールに吊るし、左右に開閉するドレープが多いですが、それ以外にもスタイルをいろいろ楽しめるのも特徴です。

例えば、プレーンシェードです。

折りたたんで上下に開閉するスタイルです。閉めた時のフラットでスッキリとした印象と、開けた時のボリューミーな印象の両方を楽しめますね。

 レース(シアー)

ドレープと同じくテキスタイル(布地)からできています。日中の自然光を取り入れながらプライバシー保護を目的に作られていて、薄地で繊細かつ柔らかな印象のカーテンです。

日本では【レース】と呼ばれることが多いですが、海外では一般的には【シアー】と呼ばれます。どちらもほぼ同じ意味ですね。

レースもカーテンレールに吊られて左右に開閉することが多いですが、他のスタイルも楽しめますよ。

例えば、カフェカーテンです。

適度な視線を遮ることと、気持ちよく自然光を取り入れかつインテリアのアクセントにもなりますね。巾が狭い窓に人気です。

ブラインド

何枚もスラット(羽根)が重なりあい、回転させることで閉めたままでも調光できるので一台で二役こなす優れものです。

スラットの種類によって印象が変わります。樹脂製だとスッキリと軽やかな印象ですし木製だと重厚感があります。ブラインドはオフィスのイメージが強いので、お家で使う時は事務所っぽくならないように注意してくださいね。ただ、皆さん苦手に思うのが、清掃性!!!  ホコリがたまるんじゃないか、汚れが取りにくいではないかと・・

安心してください。最近では光が汚れを分解してくれるスラットや汚れが落としやすいコートを施したスラットがあります。

ロールスクリーン

1枚のスクリーンを巻き上げることで光をコントロールでき、フラットで窓周りをスッキリできるのが特長です。最近では縦長のスリット窓が設計されることが多いので、おうちタウンでもロールスクリーンをよく採用しています。

窓に限らず、お部屋の間仕切りに使ったり、クローゼットドアの変わりに使用することもありますよ。バリエーションが多く活用の幅が広く人気の商品ですが、注意することもたくさんあります。

ロールスクリーンで注意することは、また次の機会にお伝えさせてくださいね。

プリーツスクリーン

プリーツスカートのようにプリーツ加工されたスクリーンをたたむように上下に開閉して光をコントロールします。水平ラインが印象的ですね。和紙や不織布のスクリーンで和室への人気が高いですが、最近はテキスタイル(布地)のスクリーンも多くあり他のカーテンとスタイル違いでコーディネートできます。

ドレープスクリーンとレーススクリーンの2種類を上下に開閉して、一日中思いのままに光をコントロールできるペアタイプも人気です。操作が簡単にはなってきましたが、ペアタイプの場合、コードをあっちもこっちも引っ張って開けたり閉めたりしてしまうのは私だけでしょうか。

縦型ブラインド

縦に並んだスラット(羽根)を回転させて光をコントロールします。左右に開閉するので出入りの多い大きな窓にも使いやすいのが特長です。大きな窓の対してスラットのラインがストライプに映し出されて、オシャレ感と高級感が演出されますね。

左右に開閉するので、スラットが左右にたまります。設置場所によっては、たまったスラットが窓ガラスを遮ることがありますので幅の狭い窓には不向きですし、大開口の窓では景観を損なわないように注意が必要です。

 

2.カーテンの役割を知る

カーテンの種類を知ったところで、そもそもカーテンって何のために取り付けられるのかを考えてみましょう。

・自然光のコントロール

窓ガラスからお部屋へと差し込む自然光。

日中の日差しを好きな量取り込むようにコントロール。また、そのままでは強すぎる直射日光や西日を和らげる役割を担ってくれます。

例えば、レースカーテンやブラインドのスラットの調整でコントロールできます。

お仕事の関係で日中にお休みになる場合や、映画館のように真っ暗にしたい時には自然光を遮る必要があります。

例えば、遮光性の高いドレープカーテンやロールスクリーンがおススメです。

・視線をカット

道路に面して立地している場合に、通行の方からの視線をが気になります。また防犯性をアップするためにも室内の様子は外部に知られたくないですね。さらに、室内からも見たくない景色に面している時には視線をカットしたいものです。

例えば、日中は明るさも必要なので視線を遮る効果のあるミラー調のレースカーテンやプリーツスクリーンがおススメです。

・省エネ効果

外気が伝わったり、内気が逃げる場所は窓辺です。1枚カーテンがあることで暑さ・寒さを緩和することができます。

例えば、ドレープカーテンはヒダがあることで空気の層ができ省エネ効果が高いです。また、ハニカム構造(ハチの巣みたいな形です。)のプリーツスクリーンは省エネ効果を高めるためにできた商品です。

・音対策

省エネ効果と同じように、音も窓辺から伝わります。1枚カーテンがあることで室内からの防音効果と外部からの遮音効果が期待できます。

・インテリア性

カーテンでお部屋の印象をガラリと変えることができます。

色・柄・質感などを組み合わせることでお好みのインテリアを実現でき、建物と違って付け替えることが簡単にできます。

3.リビングの掃き出し窓を例に選び方を知る

では、ここまでの【カーテンの役割】×【カーテンの種類】をもとにリビングの掃き出し窓を選んでみましょう。

・リビングから外へ出入りがある場合は左右開閉がポイント

ドレープ&レース

一番よく知られているカーテンの種類ですね。左右に開け閉めを行うので人が通る分だけをさっと開けるだけで出入りが簡単です。

【自然光】レースで日中の自然光を取り入れられます。逆に遮りたい方はドレープを遮光タイプをお選びください。

【視線】レースをミラー調にすると外部からの視線をカットできます。

【省エネ・音】ドレープのヒダを多く取ると窓との間に空気の層を作ることができ効果が高いです。

【インテリア】色・柄共に豊富ですので、お部屋のテイストに合わせて選択肢が広いです。ヒダを多くとることで壁からの厚みが多くなります。ゆったりした柔らかなフォルムで決してスッキリとは言えないかもしれません。

クラシックスタイル・カントリースタイル・ナチュラルスタイルに向いています。

こちらの事例はフロントレースタイプです。

レースがデザインがある場合に日中はレースのデザインを、夜は単色のドレープ越しのレースが雰囲気を変えて現れます。上手に使えば、前と後ろを吊り変えても面白いかもしれませんね。

ただし、朝レースだけにする場合にはレースを開け、ドレープを開け、レースを戻すと3工程必要になります。閉める時も同じですけどね。

縦型ブラインド&レース

左右の開閉タイプとして縦型ブラインドです。

【自然光】縦型ブラインドのスラットの調整で光の量をコントロールできます。遮光タイプもあります。その際は窓を覆うように正面に付けて両サイドの光も遮るようにしてください。

【視線】スラットを動かすと間からは見えます。外部の視線が気にならない方には向いています。またウッドデッキやお庭周りに高い塀をして視線が気にならないならおススメできます。

【省エネ・音】スラットの重なりのみですから、あまり期待できないと考えられます。

【インテリア】なにより、スッキリしたフォルムです。シンプルモダン・ナチュラルモダンなどモダンスタイルをお好みの方に向いています。色のバリエーションも多く、個性を出すなら1枚ごとに色を変えることも可能です。

写真の事例は内側にレースを吊りました。なぜならば、視線が気になることに加えて風を取り入れたかったからです。

縦型ブラインドの場合、通風の際にパラパラ動きます。余談ですが、パラパラ動くと言えばエアコンの風にも注意してください。常にパラパラ動きますので、エアコンの風が向く方に取り付けの場合は避けた方がよいですよ。

1.カーテンの種類を知るでもお伝えしましたが、特にリビングの場合、大開口でできる圧倒的な開放感を演出していることもありますので、その際はガラス面の景観を損なわないようにタタミ代が窓ガラスの外側に取れるように壁を作っておく必要があります。

・リビングから外への出入りがない場合は上下開閉もあり

なぜ出入りがある場合に上下開閉は不向きかというと、人が通れるまで上げないといけないからです。大人だとほぼ全て上げないと腰を屈めて出入りするのは大変不便です。

ロールスクリーン

【自然光】日中の光を上下で調整できます。遮る場合は遮光タイプもラインナップがあります。

【視線】ロールスクリーン1枚だけでは上げてしまうと丸見えです。光を取り入れながら視線となると2重にする必要があります。例えば、内側にレースやブラインド、二重になったペアタイプのロールスクリーンがあります。

【省エネ・音】窓の前を1枚ないしは2枚です。ドレープ・レースに比べるとあまり期待できないと考えます。

【インテリア】窓周りがスッキリします。モダンスタイルのインテリアに向いています。

単色の印象が強いかもしれませんが、柄ものも増えていますので様々なインテリアにも対応可能です。モダンといえば忘れてはならない、和モダン。こちらにもおススメです。

木製ブラインド

【自然光】日中の光をスラットの調整でコントロールできます。

【視線】閉めてしまえば気になりませんが、日中はそうはいきませんね。光を取り入れながら視線もとなると2重にする必要があります。例えば、内側にレースやロールスクリーンを取付ます。

この事例では木製ブラインドの内側にシャープシェードのレースを取付ました。

【省エネ・音】窓の前を1枚ないしは2枚です。ロールスクリーンに比べると厚みがある分高いかもしれませんね。

【インテリア】木製の本物志向が高級感・オシャレ感を際立たせてインテリア性は高いです。アンティーク塗装を施された商品も登場し、よりオシャレの幅も広がりました。

 

まとめ

窓に対してカーテンを選ぶポイントは、

・まずはその窓の役割を明確にする。

・その役割を活かすためにカーテンに求める役割は何か?

・そのためにはどんなカーテンが向いているのか?

この3つのポイントを導き出すためには、設計段階で窓のことカーテンのことインテリア全般のことを検討する必要があります。

なかなか、図面だけで想像するのは難しい作業かもしれませんが、そんなあなたのためにコーディネーターが存在します。

完成してからでも、色やデザインを検討することは可能です。ただし、スタイルを変えるとなるとできない場合も発生します。そうならないためにも、設計段階からカーテン選びに取り掛かり、ワクワクする家づくりを始めてくださいね。

 

この記事をシェアする

まずはお気軽にご来店ください

おうちタウンでは自社の物件も他社の物件も地域の不動産情報は全て取り揃えています。

また、お客様が来店されるとすぐに営業スタッフ歩み寄って行くという事を禁止にしています。

おうちタウンは誰もが自由に来て自由に情報を見る事ができる住まいの総合テーマパークです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大西雅美

インテリアコーディネータとして、新築戸建ての家づくりからリフォームまで、あらゆる家づくりのトータルサポート。

勤続23年の間で培った多様なお客様との経験や対応力とコミュニケーション力が強みです。

お客様と現場とをスムーズにつなぐパイプ役、伝道師として、これまでに手掛けた戸建て件数は400件以上にのぼります。お客様の思いえがく家と、完成した家が一致したときの喜びが、なによりのやりがいです。
【資格】
インテリアコーディネーター・整理収納アドバイザー2級・カラーコーディネーター2級・ホームステージャー1級・宅地建物取引士