[PR]おうちタウンが空き家の管理をはじめました

換気が重要です!

住宅の換気ついて

 

換気が必要なわけ

空気は目に見えることなく、汚れを知覚しにくいと思います。しかし、住宅内の換気を怠ると、シックハウス症候群や化学物質過敏症を引き起こす恐れがあります。最近では「空気清浄機があれば空気はキレイ」と思っている人がいますが、空気清浄機は根本的な解決にはなりません。住宅内の空気汚染の原因をしっかり把握し、換気の必要性について改めて確認しましょう。

住宅内の空気の汚れは、人間が生活するだけ発生します。呼吸することで放出する二酸化炭素や、喫煙によるニコチンやタールなども空気を汚す原因です。その他、トイレや風呂場などのカビや居室のダニから、芳香剤や消臭剤による化学物質の散布など。住宅内の空気を汚す原因は多岐にわたります。

換気の必要性は、住宅内の汚れた空気をを排出し、新鮮な空気を取り入れることにあります。もう一つの必要性は、温度・湿度の調整です。ジメジメした季節は換気により湿気を逃します。また、換気による適度な風の流れは、人体に心地よい涼しさを感じされてくれます。

 

換気の方法

住宅内の空気を清浄に保つためには、空気を排出し、外気を取り入れることが一番良いとされています。換気の方法には「自然換気」と「人工換気」の2種類があります。

自然換気

自然換気は、住宅内・外の温度差を利用します。冷たい空気は下降し、暖かい空気は上昇する力を利用して、住宅の上下に開口部を設けることや、壁面の高い場所と低いところに開口部を各一カ所設けることで、効率よく空気が循環します。自然換気によって、夏は外の暖かい空気が開口部の上の方から住宅内に入り、開口部の下から住宅内の冷たい空気が排出されます。冬は外の冷たい空気が開口部の下から入り、住宅内の暖かい空気が開口部の上から排出されます。当然、外の空気が入るので、夏は暑く、冬は寒くなりますが、汚染された空気を住宅の外に排出するためには我慢しましょう。

人工換気

自然の通風に頼らずに、機械で強制的に住宅内を換気することです。住宅内で特に汚れた空気が排出されるのが台所やトイレ・浴室など。台所には臭気・煙などが発生し、便所には臭気や細菌などが、浴室にはカビなどが発生しています。

こういった空気の循環が悪い場所では、強制的に換気を行う人工換気を24時間稼働することを必要としています。人工換気にはさらに3種類換気の方法が分別されます。

  1. 第1種換気設備(給気・排気ともに機械で強制的に換気)
  2. 第2種換気設備(給気は機械・排気は自然排気口で換気)
  3. 第3種換気設備(排気は機械・給気は自然排気口で換気)

住宅で一番使用されているのが「第3種換気設備」。周辺への臭気・熱気・汚れた空気の拡散を防ぐ効果があるので、トイレなどによく使用されます。一方で、気密性の低い住宅ほど給気口から新鮮な空気が十分に取り入れられないというデメリットがあります。効率を高めるには住宅の気密性が重要となります。

まとめ

住宅内で喫煙をしたり暖房器具(燃焼器具)を使用すると空気の汚れが大幅に増え、必要な換気量も増えます。台所も調理中の臭いや一酸化炭素が充満するので、常時換気することを心がけましょう。

 

この記事をシェアする

まずはお気軽にご来店ください

おうちタウンでは自社の物件も他社の物件も地域の不動産情報は全て取り揃えています。

また、お客様が来店されるとすぐに営業スタッフ歩み寄って行くという事を禁止にしています。

おうちタウンは誰もが自由に来て自由に情報を見る事ができる住まいの総合テーマパークです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宮本良二

今日は、宮本良二と申します。 セイコー不動産松山店で、不動産売買を担当しています。 宜しくお願い致します。